社畜と少女の1800日
休日出社に徹夜、朝帰りが当たり前の激務な職場で働く東根将彦。
ある日、彼を訪ねて来たのは高校の同級生の娘だという少女、優里だった。
「母親が迎えに来るまで」という約束のもと、同居を始めた二人だが…!?
年の差ゆえのギャップに戸惑いつつ時に大人の事情を交えて季節をわたる、ふたり暮らしの日常。

PAGE TOP